扶蘇の由来、語源、分布

日本姓氏語源辞典
https://play.google.com/store/apps/details?id=info.jigensha.jcedfreeGoogle Play で手に入れよう https://apps.apple.com/us/app/id1471109324
↑オフライン検索できるアプリもどうぞ
扶蘇

扶蘇さんの由来と分布

由来と語源 分布 有名人 同姓同名 情報提供

【扶蘇】名字の由来と語源

このエントリーをはてなブックマークに追加

フソウ 【扶蘇】3 日本姓氏語源辞典

兵庫県姫路市兵庫県揖保郡太子町。大韓民国忠清南道扶余郡に扶蘇山あり。扶余郡に538年から660年まで大韓民国西部付近(旧:百済国)の首都があった。秦の時代のシナで皇帝だった始皇帝の長男の名前に扶蘇あり。扶蘇はフソ。

2020年 9月 14日 更新

もしかして

フソウ 【扶蘓】1 , ブソウ 【武曽】3

「扶蘇」さんの由来をご存じの方、ぜひ情報をお寄せください!

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

【扶蘇】名字の分布

分布数

都道府県分布数図
都道府県分布数図
市区町村分布数図
市区町村分布数図
小地域分布数図
小地域分布数図
全国 都道府県順位
レベル3 1 兵庫県(約60人)
2 大阪府(約20人)
3 広島県(ごく少数)
人口約80人
順位35,100 位
市区町村順位
1 兵庫県 姫路市(約30人)
2 大阪府 大阪市東住吉区(約20人)
3 兵庫県 揖保郡太子町(約10人)
4 広島県 呉市(ごく少数)
4 兵庫県 三木市(ごく少数)
4 兵庫県 神戸市西区(ごく少数)
4 兵庫県 神戸市北区(ごく少数)
4 兵庫県 明石市(ごく少数)
小地域順位
1 大阪府 大阪市東住吉区 山坂(約10人)
1 兵庫県 揖保郡太子町 東出(約10人)
1 兵庫県 姫路市 中仁野(約10人)

分布比率

都道府県分布比率図
都道府県分布比率図
市区町村分布比率図
市区町村分布比率図
小地域分布比率図
小地域分布比率図
全国 都道府県順位
人口比率ごく僅か 1 兵庫県(0.00107%)
2 大阪府(0.00023%)
3 広島県(0.000144%)
市区町村順位
1 兵庫県 揖保郡太子町(0.0373%)
2 大阪府 大阪市東住吉区(0.0151%)
3 兵庫県 三木市(0.00486%)
4 兵庫県 姫路市(0.00479%)
5 兵庫県 神戸市西区(0.00242%)
6 兵庫県 神戸市北区(0.0022%)
7 兵庫県 明石市(0.00163%)
8 広島県 呉市(0.00132%)
小地域順位

関連項目

フソウ 【扶蘓】1は異形。