当流谷の由来、語源、分布

日本姓氏語源辞典
https://play.google.com/store/apps/details?id=info.jigensha.jcedfreeGoogle Play で手に入れよう https://apps.apple.com/us/app/id1471109324
↑オフライン検索できるアプリもどうぞ
当流谷

当流谷さんの由来と分布

由来と語源 分布 有名人 同姓同名 情報提供

【当流谷】名字の由来と語源

このエントリーをはてなブックマークに追加

トウリュウダニ 【当流谷】2 日本姓氏語源辞典

富山県滑川市創賜大阪府では江戸時代には谷姓で鎌倉時代の僧侶で浄土真宗の開祖である親鸞の言葉の「当流」を明治新姓時に追加したと伝える。当流は「この流派」の意。富山県滑川市常盤町に分布あり。タニ参照。

2018年 6月 15日 更新

もしかして

トウリュウダニ 【當流谷】2

「当流谷」さんの由来をご存じの方、ぜひ情報をお寄せください!

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

【当流谷】名字の分布

分布数

都道府県分布数図
都道府県分布数図
市区町村分布数図
市区町村分布数図
小地域分布数図
小地域分布数図
全国 都道府県順位
レベル2 1 富山県(約30人)
2 東京都(約10人)
3 埼玉県(ごく少数)
人口約40人
順位ランク外
市区町村順位
1 富山県 滑川市(約30人)
2 東京都 府中市(約10人)
3 東京都 大田区(ごく少数)
3 埼玉県 所沢市(ごく少数)
小地域順位
1 富山県 滑川市 常盤町(約10人)
2 東京都 府中市 住吉町(約10人)
2 富山県 滑川市 中川原(約10人)

顕著に見られる市区町村

富山県 滑川市

分布比率

都道府県分布比率図
都道府県分布比率図
市区町村分布比率図
市区町村分布比率図
小地域分布比率図
小地域分布比率図
全国 都道府県順位
人口比率ごく僅か 1 富山県(0.00205%)
2 東京都(0.000149%)
3 埼玉県(ごく僅か)
市区町村順位
1 富山県 滑川市(0.0677%)
2 東京都 府中市(0.00524%)
3 埼玉県 所沢市(0.00162%)
4 東京都 大田区(0.000936%)
小地域順位

関連項目

トウリュウダニ 【當流谷】2は異形。