川武の由来、語源、分布

日本姓氏語源辞典

川武

由来と語源 分布 有名人 同姓同名 情報提供

【川武】名字の由来と語源

このエントリーをはてなブックマークに追加

カワタケ 【川武】3 日本姓氏語源辞典

沖縄県島尻郡八重瀬町山口県合略。川武当の略。沖縄県島尻郡八重瀬町安里で1945年以降に改姓。川武当は「川のそばの平地」の意で琉球音はカーントー。川武当カワムトウ参照。

関連項目

カワムトウ【川武当】2から参照。

もしかして

カワタケ 【川竹】4 , カワタケ 【河竹】3 , カワタケ 【川長】2 , カワタケ 【川岳】2

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

【川武】姓の分布

顕著に見られる市区町村

沖縄県 島尻郡八重瀬町 , 沖縄県 中頭郡北中城村

分布数

全国 都道府県順位
レベル3 1 沖縄県(約90人)
2 山口県(約30人)
3 茨城県(ごく少数)
3 広島県(ごく少数)
3 大阪府(ごく少数)
3 北海道(ごく少数)
人口約130人
順位26,399 位
市区町村順位
1 沖縄県 島尻郡八重瀬町(約60人)
2 山口県 下関市(約20人)
3 沖縄県 中頭郡北中城村(約10人)
3 沖縄県 那覇市(約10人)
5 沖縄県 中頭郡嘉手納町(ごく少数)
5 沖縄県 中頭郡読谷村(ごく少数)
5 山口県 光市(ごく少数)
5 山口県 周南市(ごく少数)
5 沖縄県 豊見城市(ごく少数)
5 茨城県 石岡市(ごく少数)
小地域順位
1 沖縄県 島尻郡八重瀬町 安里(約50人)
2 沖縄県 那覇市 上間(ごく少数)
2 沖縄県 島尻郡八重瀬町 友寄(ごく少数)
2 大阪府 大阪市西淀川区 大和田(ごく少数)
2 山口県 下関市 綾羅木新町(ごく少数)
2 山口県 下関市 川棚(ごく少数)
2 北海道 札幌市中央区 南二条西(ごく少数)
2 山口県 下関市 横野町(ごく少数)
2 山口県 下関市 一の宮町(ごく少数)
2 沖縄県 那覇市 長田(ごく少数)
都道府県分布数図
都道府県分布数図
市区町村分布数図
市区町村分布数図
小地域分布数図
小地域分布数図

分布比率

全国 都道府県順位
人口比率0.00011% 1 沖縄県(0.00832%)
2 山口県(0.00143%)
3 広島県(0.000144%)
4 茨城県(0.000142%)
5 北海道(ごく僅か)
6 大阪府(ごく僅か)
市区町村順位
1 沖縄県 島尻郡八重瀬町(0.276%)
2 沖縄県 中頭郡北中城村(0.0708%)
3 沖縄県 中頭郡嘉手納町(0.0382%)
4 沖縄県 中頭郡読谷村(0.0145%)
5 沖縄県 豊見城市(0.0111%)
6 山口県 光市(0.0063%)
7 大阪府 大阪市西淀川区(0.00559%)
8 山口県 下関市(0.00507%)
9 茨城県 石岡市(0.00481%)
10 沖縄県 那覇市(0.00357%)
小地域順位
1 沖縄県 島尻郡八重瀬町 安里(6.59% / 約50人)
都道府県分布比率図
都道府県分布比率図
市区町村分布比率図
市区町村分布比率図
小地域分布比率図
小地域分布比率図

同姓同名ランキング

1 川武 孝一 (2)
1 川武 淳 (2)
1 川武 薫 (2)