山鷲の由来、語源、分布

日本姓氏語源辞典
https://play.google.com/store/apps/details?id=info.jigensha.jcedfreeGoogle Play で手に入れよう https://apps.apple.com/us/app/id1471109324
↑オフライン検索できるアプリもどうぞ
山鷲

山鷲さんの由来と分布

由来と語源 分布 有名人 同姓同名 情報提供

【山鷲】名字の由来と語源

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤマワシ 【山鷲】2 日本姓氏語源辞典

和歌山県海南市。インド共和国ビハール州の霊鷲山から発祥。霊鷲山はリョウジュセン。釈迦が説法した霊鷲山の「山」、「鷲」を使用。僧侶による明治新姓。寺の例。和歌山県海南市且来にある浄土宗の浄念寺、和歌山県海南市多田にある浄土宗の正覚寺。

2020年 9月 4日 更新

「山鷲」さんの由来をご存じの方、ぜひ情報をお寄せください!

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

【山鷲】名字の分布

分布数

都道府県分布数図
都道府県分布数図
市区町村分布数図
市区町村分布数図
小地域分布数図
小地域分布数図
全国 都道府県順位
レベル2 1 和歌山県(約20人)
人口約20人
順位ランク外
市区町村順位
1 和歌山県 海南市(約20人)
小地域順位
1 和歌山県 海南市 且来(約10人)

分布比率

都道府県分布比率図
都道府県分布比率図
市区町村分布比率図
市区町村分布比率図
小地域分布比率図
小地域分布比率図
全国 都道府県順位
人口比率ごく僅か 1 和歌山県(0.00171%)
市区町村順位
1 和歌山県 海南市(0.0283%)
小地域順位