人名力・別館

 ― 名字の由来、語源、分布 ― 

山下

【山下】姓の分布

分布数

全国 都道府県順位
レベル7 1 大阪府(約33,400人)
2 福岡県(約25,900人)
3 兵庫県(約24,100人)
4 鹿児島県(約24,000人)
5 東京都(約21,300人)
人口約424,400人
順位26 位
市区町村順位
1 静岡県 浜松市(約7,400人)
2 鹿児島県 鹿児島市(約7,300人)
3 長崎県 長崎市(約6,200人)
4 香川県 高松市(約3,600人)
5 大阪府 堺市(約3,400人)
小地域順位
1 鹿児島県 鹿児島市 吉野町(約400人)
2 静岡県 浜松市 宇布見(約400人)
3 熊本県 上天草市 登立(約400人)
4 岡山県 浅口市 六条院中(約400人)
5 鹿児島県 鹿児島市 谷山中央(約300人)
都道府県分布数図 市区町村分布数図 小地域分布数図

分布比率

全国 都道府県順位
人口比率0.346% 1 鹿児島県(1.12%)
2 香川県(0.973%)
3 長崎県(0.959%)
4 熊本県(0.783%)
5 佐賀県(0.725%)
市区町村順位
1 愛知県 知多郡南知多町(5.81%)
2 福岡県 八女郡広川町(3.53%)
3 岐阜県 大野郡白川村(3.11%)
4 東京都 八丈島八丈町(3.05%)
5 高知県 長岡郡本山町(2.83%)
小地域順位
1 徳島県 徳島市 国府町佐野塚阿わじ方(100% / 約20人)
2 京都府 南丹市 新堂岡田(90.9% / 約40人)
3 新潟県 妙高市 今府(90% / 約40人)
4 京都府 京都市右京区 天神川三条東入(83.3% / 約20人)
5 京都府 綾部市 鍛冶屋町六反(80% / 約30人)
都道府県分布比率図 市区町村分布比率図 小地域分布比率図

日本姓氏語源辞典

ヤマシタ 【山下】7

大阪府鹿児島県福岡県

地形。山の下から。青森県むつ市富山県氷見市中村、石川県小松市滝ケ原町、京都府与謝郡伊根町菅野の小字の成、徳島県美馬郡つるぎ町貞光広谷、香川県仲多度郡まんのう町熊本県天草市魚貫町では明治新姓と伝える。岩手県宮古市崎山で伝承あり。江戸時代にあった門割制度の山下門から。門の位置の例。鹿児島県出水市野田町上名、鹿児島県薩摩川内市樋脇町市比野、鹿児島県薩摩郡さつま町求名、鹿児島県日置市伊集院町中川、鹿児島県日置市吹上町中之里、鹿児島県鹿児島市吉野町、鹿児島県鹿児島市春山町、鹿児島県鹿児島市喜入前之浜町、鹿児島県指宿市山川成川、鹿児島県南九州市知覧町厚地、鹿児島県南九州市川辺町永田、鹿児島県南九州市川辺町田部田、鹿児島県南九州市頴娃町郡、鹿児島県南九州市頴娃町御領、鹿児島県南さつま市加世田内山田、鹿児島県南さつま市加世田唐仁原、鹿児島県南さつま市金峰町高橋、鹿児島県南さつま市金峰町宮崎、鹿児島県霧島市隼人町小田、鹿児島県曽於市末吉町南之郷、鹿児島県曽於市末吉町深川、鹿児島県鹿屋市串良町有里、鹿児島県鹿屋市吾平町上名、鹿児島県鹿屋市下祓川町、鹿児島県鹿屋市串良町有里、鹿児島県肝属郡肝付町新富、鹿児島県肝属郡肝付町波見、宮崎県小林市細野、宮崎県都城市高城町大井手、宮崎県西諸県郡高原町後川内。鹿児島県日置市吹上町今田、鹿児島県南九州市川辺町今田、鹿児島県南九州市川辺町高田、鹿児島県南九州市川辺町野崎、鹿児島県南九州市川辺町両添、鹿児島県薩摩川内市里町里では山下屋敷。善隣福井県大飯郡高浜町西三松に分布あり。

鹿児島県阿久根市山下発祥。江戸時代から記録のある地名。同地に江戸時代に門割制度の山下新門があった。同地に分布あり。

鹿児島県肝属郡錦江町田代麓山下発祥。同地に江戸時代に門割制度の山下門があった。

鹿児島県南九州市頴娃町郡山下発祥。同地に江戸時代に門割制度の山下門があった。

鹿児島県姶良郡湧水町般若寺山下東・山下西発祥。

鹿児島県霧島市国分山下町発祥。同地に分布あり。

鹿児島県薩摩川内市入来町浦之名の小字の山下から発祥。

宮崎県北諸県郡三股町樺山の小字の山下から発祥。

千葉県南房総市山下発祥。江戸時代から記録のある地名。

長野県木曽郡木曽町新開(旧:山下)発祥。平安時代に記録のある地名。

京都府綴喜郡宇治田原町岩山山下発祥。同地に分布あり。

合略。山岸の略。石川県白峰市白峰では山岸家の小作人が「山」を残した明治新姓と伝える。山岸ヤマギシ参照。

コリア系合略。崔が含む「山」を使用。福岡県北九州市(旧:小倉市)で1958年7月24日に帰化の記録あり。本姓は崔。サイ参照。他姓もあり。※兵庫県加西市山下町は経由地。江戸時代から記録のある地名。地名は山梨県から武田氏の家臣だった山下氏が来住したことからと伝える。※福島県伊達市梁川町細谷道林では宮城県亘理郡の山下からと伝える。位置不詳。宮城県亘理郡山元町が比定地。※兵庫県加西市山下町は経由地。江戸時代から記録のある地名。地名は安土桃山時代に山下氏が居住したことからと伝える。

関連項目

ヤマノシタ 【山野下】3は異形。

オカヤマシタ 【岡山下】2, カミヤマシタ 【上山下】2姓あり。

もしかして

ヤマシダ 【山信田】3 , ヤマシダ 【山志田】2 , ヤマシダ 【山紫田】2