小豆の由来、語源、分布

日本姓氏語源辞典
https://play.google.com/store/apps/details?id=info.jigensha.jcedfreeGoogle Play で手に入れよう https://apps.apple.com/us/app/id1471109324
↑オフライン検索できるアプリもどうぞ
小豆

小豆さんの由来と分布

由来と語源 分布 有名人 同姓同名 情報提供

【小豆】名字の由来と語源

このエントリーをはてなブックマークに追加

ショウズ 【小豆】3 日本姓氏語源辞典

兵庫県大阪府京都府

香川県の小豆島(ショウドシマ)は古墳時代にアズキシマと発音した地名。

事物富山県では扱っていた小豆(アズキ)による明治新姓と伝える。

地形福井県大野市石谷では清水(ショウズ)から明治新姓時に清水姓にしようとしたところ誤記したと伝える。清水シミズ参照。

呉系大阪府西南部(旧:和泉国)に平安時代に小豆首の姓氏があった。推定の発音はアズキ、オヅ。

2019年 8月 17日 更新

アズキ 【小豆】3 日本姓氏語源辞典

小豆ショウズ参照。

2017年 10月 15日 更新

もしかして

アスギ 【遊城】2 , ショウス 【正司】4 , ショウズ 【生水】4 , ショウズ 【生頭】3 , ショウズ 【少数】2 , ショウズ 【正図】2 , ジョウス 【城須】2

「小豆」さんの由来をご存じの方、ぜひ情報をお寄せください!

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

【小豆】名字の分布

分布数

都道府県分布数図
都道府県分布数図
市区町村分布数図
市区町村分布数図
小地域分布数図
小地域分布数図
全国 都道府県順位
レベル3 1 兵庫県(約80人)
2 大阪府(約50人)
3 京都府(約30人)
4 富山県(約20人)
5 佐賀県(約20人)
6 石川県(約10人)
6 島根県(約10人)
8 福井県(約10人)
8 岡山県(約10人)
10 福岡県(ごく少数)
人口約300人
順位18,200 位
市区町村順位
1 大阪府 堺市(約30人)
2 兵庫県 赤穂市(約20人)
3 佐賀県 東松浦郡玄海町(約10人)
3 京都府 木津川市(約10人)
3 富山県 氷見市(約10人)
6 島根県 松江市(約10人)
6 京都府 舞鶴市(約10人)
6 福井県 大野市(約10人)
6 石川県 鳳珠郡穴水町(約10人)
6 富山県 高岡市(約10人)
小地域順位
1 福井県 大野市 石谷(約10人)
1 富山県 高岡市 伏木国分(約10人)
1 佐賀県 東松浦郡玄海町 外津(約10人)

顕著に見られる市区町村

佐賀県 東松浦郡玄海町 , 石川県 鳳珠郡穴水町

分布比率

都道府県分布比率図
都道府県分布比率図
市区町村分布比率図
市区町村分布比率図
小地域分布比率図
小地域分布比率図
全国 都道府県順位
人口比率0.000216% 1 佐賀県(0.00197%)
2 富山県(0.00171%)
3 兵庫県(0.00156%)
4 島根県(0.00139%)
5 石川県(0.00102%)
6 京都府(0.000998%)
7 福井県(0.000956%)
8 大阪府(0.000691%)
9 岡山県(0.000407%)
10 三重県(0.000219%)
市区町村順位
1 佐賀県 東松浦郡玄海町(0.209%)
2 石川県 鳳珠郡穴水町(0.0556%)
3 兵庫県 赤穂市(0.028%)
4 京都府 木津川市(0.0229%)
5 兵庫県 相生市(0.0204%)
6 富山県 氷見市(0.0192%)
7 福井県 大野市(0.0188%)
8 兵庫県 赤穂郡上郡町(0.0178%)
9 兵庫県 加古郡播磨町(0.0131%)
10 兵庫県 加古郡稲美町(0.0128%)
小地域順位

関連項目

アズキ【小豆】3から参照。