小多田の由来、語源、分布

日本姓氏語源辞典
https://play.google.com/store/apps/details?id=info.jigensha.jcedfreeGoogle Play で手に入れよう https://apps.apple.com/us/app/id1471109324
↑オフライン検索できるアプリもどうぞ
在日通名大全

日本初、在日通名の研究書「在日通名大全」発売中!
ネットの電話帳 住宅地図 マッポン!
小多田

小多田(おただ / こただ)さんの由来と分布

【小多田】名字の由来と語源

このエントリーをはてなブックマークに追加

オタダ 【小多田】レベル3
約70人
  日本姓氏語源辞典

宮崎県京都府大阪府地形。小さな多い田から。宮崎県えびの市今西に江戸時代にあった門割制度の小多田門から。門による明治新姓熊本県球磨郡水上村岩野に戦国時代にあった小多田城からとの伝あり。伝承地不詳。推定では門名の起源に関する伝承。大分県国東市安岐町明治ではコタダ。兵庫県丹波篠山市小多田は鎌倉時代、広島県東広島市黒瀬町小多田は江戸時代に記録のある地名。

2022年 8月 4日 更新

コタダ 【小多田】レベル3
約70人
  日本姓氏語源辞典

小多田オタダ参照。

2018年 8月 25日 更新

分布数

都道府県分布数図
都道府県分布数図
市区町村分布数図
市区町村分布数図
小地域分布数図
小地域分布数図
全国 都道府県順位
レベル3 1 大阪府(約20人)
2 宮崎県(約10人)
2 京都府(約10人)
4 大分県(約10人)
4 三重県(約10人)
6 福岡県(ごく少数)
6 愛知県(ごく少数)
6 千葉県(ごく少数)
人口約70人
順位36,104 位
市区町村順位
1 宮崎県 えびの市(約10人)
2 大阪府 門真市(約10人)
2 大分県 国東市(約10人)
2 京都府 亀岡市(約10人)
5 福岡県 北九州市戸畑区(ごく少数)
5 京都府 南丹市(ごく少数)
5 三重県 桑名市(ごく少数)
5 三重県 四日市市(ごく少数)
5 愛知県 弥富市(ごく少数)
5 千葉県 市原市(ごく少数)
小地域順位
1 大阪府 門真市 大橋町(約10人)
1 宮崎県 えびの市 今西(約10人)

さらに詳細な分布を見る

「小多田」さんの由来をご存じの方、ぜひ情報をお寄せください!

もしかして

オタダ 【小只】レベル3
約200人
, オダタ 【小田々】レベル2
約20人
, オダタ 【小田多】レベル2
約10人
, コタダ 【小只】レベル3
約200人

関連項目

コタダ 【小只】レベル3
約200人
は異形。

オダタ 【小田々】レベル2
約20人
, オダタ 【小田多】レベル2
約10人
姓あり。

コタダ 【小只】レベル3
約200人
, コタダ 【小多田】レベル3
約70人
から参照。

アクセス数の推移

最大: 535 / 月
2019
2020
2021
2022
2023
2024