安黒の由来、語源、分布

日本姓氏語源辞典

安黒

由来と語源 分布 有名人 同姓同名 情報提供

【安黒】名字の由来と語源

このエントリーをはてなブックマークに追加

アグロ 【安黒】3 日本姓氏語源辞典

兵庫県宍粟市合略。安墨の略。京都府京都市上京区御所八幡町付近が政庁の室町幕府の第六代将軍である足利義教を1441年(嘉吉元年)に室町時代の武将の赤松満祐が暗殺したことから家臣の安積行秀が安積の別表記の安墨を擬装するため略して安黒としたと伝える。兵庫県宍粟市一宮町安黒は経由地。江戸時代から記録のある地名。同地で1529年(享禄2年)に記録あり。安墨は現存するか不明。安積アヅミ参照。

関連項目

アグロ 【阿黒】3は異形。

もしかして

アグロ 【阿黒】3

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

【安黒】姓の分布

顕著に見られる市区町村

兵庫県 宍粟市

分布数

全国 都道府県順位
レベル3 1 兵庫県(約100人)
2 大阪府(約20人)
3 神奈川県(約10人)
3 岡山県(約10人)
5 島根県(約10人)
6 東京都(ごく少数)
6 愛知県(ごく少数)
6 山口県(ごく少数)
6 埼玉県(ごく少数)
人口約200人
順位23,000 位
市区町村順位
1 兵庫県 宍粟市(約60人)
2 島根県 益田市(約10人)
2 岡山県 津山市(約10人)
2 大阪府 池田市(約10人)
2 兵庫県 西宮市(約10人)
2 兵庫県 神戸市垂水区(約10人)
7 東京都 中野区(ごく少数)
7 山口県 山口市(ごく少数)
7 神奈川県 川崎市高津区(ごく少数)
7 神奈川県 横浜市旭区(ごく少数)
小地域順位
1 兵庫県 宍粟市 安黒(約30人)
2 兵庫県 宍粟市 須行名(約10人)
3 大阪府 池田市 神田(約10人)
3 兵庫県 神戸市垂水区 学が丘(約10人)
5 神奈川県 川崎市高津区 子母口(ごく少数)
5 東京都 中野区 中央(ごく少数)
5 兵庫県 神戸市長田区 腕塚町(ごく少数)
5 兵庫県 神戸市北区 ひよどり台(ごく少数)
5 岡山県 津山市 田町(ごく少数)
5 神奈川県 横浜市旭区 若葉台(ごく少数)
都道府県分布数図
都道府県分布数図
市区町村分布数図
市区町村分布数図
小地域分布数図
小地域分布数図

分布比率

全国 都道府県順位
人口比率0.000142% 1 兵庫県(0.00197%)
2 島根県(0.000926%)
3 岡山県(0.00061%)
4 山口県(0.000239%)
5 大阪府(0.00023%)
6 神奈川県(0.000184%)
7 埼玉県(ごく僅か)
8 愛知県(ごく僅か)
9 東京都(ごく僅か)
市区町村順位
1 兵庫県 宍粟市(0.104%)
2 兵庫県 加古郡播磨町(0.0131%)
3 島根県 益田市(0.0127%)
4 大阪府 池田市(0.00933%)
5 岡山県 津山市(0.00689%)
6 大阪府 大阪市西淀川区(0.00559%)
7 兵庫県 神戸市兵庫区(0.00427%)
8 兵庫県 神戸市垂水区(0.00414%)
9 兵庫県 神戸市長田区(0.00411%)
10 神奈川県 川崎市高津区(0.00336%)
小地域順位
1 兵庫県 宍粟市 安黒(5.63% / 約30人)
都道府県分布比率図
都道府県分布比率図
市区町村分布比率図
市区町村分布比率図
小地域分布比率図
小地域分布比率図