坂村の由来、語源、分布

日本姓氏語源辞典

坂村

由来と語源 分布 有名人 同姓同名 情報提供

【坂村】名字の由来と語源

このエントリーをはてなブックマークに追加

サカムラ 【坂村】4 日本姓氏語源辞典

東京都群馬県広島県地形。坂と村から。群馬県館林市四ツ谷町では戦国時代・安土桃山時代の武将である織田信長の家臣が京都府京都市で1582年(天正10年)にあった本能寺の変後に滋賀県の笠木から群馬県館林市羽附町に来住して河内姓から改姓したと伝える。滋賀県の笠木は位置不詳。河内カワウチ参照。東京都西多摩郡奥多摩町留浦では農業、林業に従事していたと伝える。推定では江戸時代。広島県広島市中区基町が藩庁の広島藩士に江戸時代にあった。広島県安芸郡坂町は南北朝時代に「坂郷」と呼称した地名。地名は江戸時代に「坂村」と呼称した。

関連項目

サカムラ 【阪村】3は異形。

もしかして

サカムラ 【酒村】3 , サカムラ 【阪村】3

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

【坂村】姓の分布

顕著に見られる市区町村

東京都 西多摩郡奥多摩町 , 群馬県 館林市 , 佐賀県 多久市 , 熊本県 玉名郡玉東町 , 熊本県 下益城郡美里町 , 北海道 河西郡中札内村

分布数

全国 都道府県順位
レベル4 1 東京都(約300人)
2 広島県(約300人)
3 群馬県(約300人)
4 山口県(約120人)
5 福岡県(約100人)
6 大阪府(約90人)
7 熊本県(約80人)
7 埼玉県(約80人)
9 栃木県(約70人)
10 千葉県(約60人)
人口約1,800人
順位5,431 位
市区町村順位
1 群馬県 館林市(約200人)
2 広島県 呉市(約40人)
3 東京都 西多摩郡奥多摩町(約40人)
3 東京都 青梅市(約40人)
5 広島県 東広島市(約30人)
6 東京都 八王子市(約30人)
6 山口県 岩国市(約30人)
6 栃木県 足利市(約30人)
6 東京都 品川区(約30人)
6 広島県 江田島市(約30人)
小地域順位
1 群馬県 館林市 四ツ谷町(約60人)
2 群馬県 館林市 花山町(約50人)
3 東京都 西多摩郡奥多摩町 留浦(約30人)
4 群馬県 館林市 羽附町(約30人)
5 東京都 立川市 富士見町(約20人)
5 佐賀県 多久市 西多久町板屋(約20人)
7 広島県 呉市 吉浦本町(約10人)
7 広島県 呉市 仁方錦町(約10人)
7 東京都 福生市 熊川(約10人)
7 広島県 世羅郡世羅町 東上原(約10人)
都道府県分布数図
都道府県分布数図
市区町村分布数図
市区町村分布数図
小地域分布数図
小地域分布数図

分布比率

全国 都道府県順位
人口比率0.00151% 1 群馬県(0.012%)
2 広島県(0.00952%)
3 山口県(0.00645%)
4 佐賀県(0.00493%)
5 熊本県(0.00411%)
6 東京都(0.00348%)
7 栃木県(0.00333%)
8 島根県(0.00232%)
9 福岡県(0.00227%)
10 石川県(0.00171%)
市区町村順位
1 東京都 西多摩郡奥多摩町(0.408%)
2 群馬県 館林市(0.265%)
3 熊本県 下益城郡美里町(0.137%)
4 熊本県 玉名郡玉東町(0.125%)
5 佐賀県 多久市(0.0848%)
6 北海道 河西郡中札内村(0.0847%)
7 広島県 江田島市(0.0551%)
8 群馬県 利根郡昭和村(0.0484%)
9 広島県 安芸郡海田町(0.0475%)
10 広島県 世羅郡世羅町(0.0456%)
小地域順位
1 群馬県 館林市 四ツ谷町(37.1% / 約60人)
2 東京都 西多摩郡奥多摩町 留浦(8.16% / 約30人)
3 群馬県 館林市 花山町(4.42% / 約50人)
4 群馬県 館林市 羽附町(3.37% / 約30人)
都道府県分布比率図
都道府県分布比率図
市区町村分布比率図
市区町村分布比率図
小地域分布比率図
小地域分布比率図

【坂村】姓の有名人

同姓同名ランキング

1 坂村 博 (5)
2 坂村 晃 (4)
2 坂村 勇 (4)
3 坂村 武 (3)
3 坂村 隆 (3)
3 坂村 幸男 (3)
3 坂村 一郎 (3)