喚山の由来、語源、分布

日本姓氏語源辞典

喚山

由来と語源 分布 有名人 同姓同名 情報提供

【喚山】名字の由来と語源

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヨビヤマ 【喚山】2 日本姓氏語源辞典

北海道秋田県東京都秋田県大館市十二所にある曹洞宗の長興寺の僧侶による明治新姓。同寺の山号は塩谷山。同寺は栃木県矢板市川崎反町にあった塩谷城の城主だった塩谷氏が出家して鎌倉時代に同地に創建した長興寺が元で僧侶は「要山玄的」と称していたと伝える。塩谷シオヤ参照。

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

【喚山】姓の分布

分布数

全国 都道府県順位
レベル2 1 北海道(約10人)
2 東京都(約10人)
3 青森県(ごく少数)
3 秋田県(ごく少数)
3 神奈川県(ごく少数)
人口約30人
順位ランク外
市区町村順位
1 東京都 大田区(約10人)
1 北海道 札幌市手稲区(約10人)
3 神奈川県 横浜市緑区(ごく少数)
3 青森県 弘前市(ごく少数)
3 北海道 札幌市南区(ごく少数)
3 秋田県 鹿角市(ごく少数)
小地域順位
1 北海道 札幌市手稲区 前田一条(約10人)
1 東京都 大田区 大森東(約10人)
3 秋田県 鹿角市 十和田毛馬内三ノ丸(ごく少数)
3 青森県 弘前市 徳田町(ごく少数)
3 北海道 札幌市南区 真駒内本町(ごく少数)
3 神奈川県 横浜市緑区 白山(ごく少数)
都道府県分布数図
都道府県分布数図
市区町村分布数図
市区町村分布数図
小地域分布数図
小地域分布数図

分布比率

全国 都道府県順位
人口比率ごく僅か 1 秋田県(0.0003%)
2 青森県(0.000262%)
3 北海道(0.000209%)
4 東京都(ごく僅か)
5 神奈川県(ごく僅か)
市区町村順位
1 秋田県 鹿角市(0.00811%)
2 北海道 札幌市手稲区(0.00695%)
3 神奈川県 横浜市緑区(0.00346%)
4 北海道 札幌市南区(0.00302%)
5 青森県 弘前市(0.00215%)
6 東京都 大田区(0.00187%)
小地域順位
都道府県分布比率図
都道府県分布比率図
市区町村分布比率図
市区町村分布比率図
小地域分布比率図
小地域分布比率図