古一の由来、語源、分布

日本姓氏語源辞典
https://play.google.com/store/apps/details?id=info.jigensha.jcedfreeGoogle Play で手に入れよう https://apps.apple.com/us/app/id1471109324
↑オフライン検索できるアプリもどうぞ
古一

古一さんの由来と分布

由来と語源 分布 有名人 同姓同名 情報提供

【古一】名字の由来と語源

このエントリーをはてなブックマークに追加

フルイチ 【古一】3 日本姓氏語源辞典

鹿児島県北海道三重県古市の異形。鹿児島県熊毛郡南種子町中之上、三重県津市芸濃町椋本に分布あり。同地に古市姓あり。

香川県高松市玉藻町が藩庁の讃岐高松藩士に江戸時代にあった。

2020年 3月 14日 更新

コイチ 【古一】3 日本姓氏語源辞典

古一フルイチ参照。

2020年 2月 21日 更新

もしかして

コイチ 【古市】5 , コイチ 【小市】4 , コイチ 【挙市】2 , ゴイチ 【後一】2 , フルイチ 【古市】5 , フルイチ 【古都】4

「古一」さんの由来をご存じの方、ぜひ情報をお寄せください!

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

【古一】名字の分布

分布数

都道府県分布数図
都道府県分布数図
市区町村分布数図
市区町村分布数図
小地域分布数図
小地域分布数図
全国 都道府県順位
レベル3 1 鹿児島県(約40人)
2 北海道(約30人)
3 三重県(約20人)
4 東京都(約10人)
5 石川県(約10人)
5 愛知県(約10人)
5 大阪府(約10人)
8 神奈川県(ごく少数)
8 滋賀県(ごく少数)
8 徳島県(ごく少数)
人口約140人
順位25,487 位
市区町村順位
1 北海道 函館市(約20人)
2 三重県 津市(約10人)
2 鹿児島県 熊毛郡南種子町(約10人)
2 鹿児島県 熊毛郡中種子町(約10人)
5 鹿児島県 西之表市(約10人)
5 東京都 足立区(約10人)
5 大阪府 大東市(約10人)
8 石川県 七尾市(ごく少数)
8 滋賀県 大津市(ごく少数)
8 三重県 四日市市(ごく少数)
小地域順位
1 三重県 津市 椋本(約10人)
2 鹿児島県 西之表市 西之表(約10人)
2 北海道 函館市 浜町(約10人)
2 鹿児島県 熊毛郡中種子町 坂井(約10人)
2 鹿児島県 熊毛郡南種子町 中之上(約10人)

顕著に見られる市区町村

鹿児島県 熊毛郡中種子町 , 鹿児島県 熊毛郡南種子町

分布比率

都道府県分布比率図
都道府県分布比率図
市区町村分布比率図
市区町村分布比率図
小地域分布比率図
小地域分布比率図
全国 都道府県順位
人口比率0.000117% 1 鹿児島県(0.00183%)
2 三重県(0.000876%)
3 石川県(0.000683%)
4 徳島県(0.000468%)
5 北海道(0.000419%)
6 滋賀県(0.000325%)
7 奈良県(0.000297%)
8 東京都(0.000149%)
9 愛知県(0.000134%)
10 大阪府(0.000115%)
市区町村順位
1 鹿児島県 熊毛郡南種子町(0.12%)
2 鹿児島県 熊毛郡中種子町(0.0864%)
3 鹿児島県 西之表市(0.0316%)
4 徳島県 那賀郡那賀町(0.0244%)
5 鹿児島県 曽於郡大崎町(0.0191%)
6 石川県 野々市市(0.0116%)
7 愛知県 名古屋市東区(0.00842%)
8 大阪府 大東市(0.00792%)
9 北海道 函館市(0.00625%)
10 石川県 七尾市(0.00563%)
小地域順位

関連項目

コイチ【古一】3から参照。