助田の由来、語源、分布

日本姓氏語源辞典

助田

由来と語源 分布 有名人 同姓同名 情報提供

【助田】名字の由来と語源

このエントリーをはてなブックマークに追加

スケダ 【助田】4 日本姓氏語源辞典

三重県志摩市石川県福井県

地形。「助」を含む男性の名前と田から。石川県白山市明島町ではスケモンの屋号で農業に従事して初代は助右衛門だったと伝える。推定では江戸時代。石川県七尾市中島町長浦に江戸時代にあった。石川県小松市埴田町では農業に従事していたと伝える。推定では江戸時代。

個人名福井県鯖江市莇生田町では和歌山県三重県南部(旧:紀伊国)の国造だった大名草彦の後裔である助太の名前からと伝える。大名草彦は「大名草比古」とも表記した。推定では古墳時代の人物。

徳島県那賀郡那賀町中山助友発祥。助友の「助」を使用。同地に分布あり。

もしかして

スケタ 【祐田】2 , スケダ 【輔田】3 , スゲタ 【菅田】5 , スゲタ 【須毛田】2

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

【助田】姓の分布

顕著に見られる市区町村

三重県 志摩市 , 富山県 黒部市 , 広島県 安芸郡海田町 , 石川県 能美市 , 福井県 鯖江市

分布数

全国 都道府県順位
レベル4 1 三重県(約200人)
2 石川県(約140人)
3 広島県(約100人)
3 富山県(約100人)
5 福井県(約90人)
6 大阪府(約80人)
7 徳島県(約70人)
7 和歌山県(約70人)
9 山口県(約50人)
10 東京都(約40人)
人口約1,200人
順位7,191 位
市区町村順位
1 三重県 志摩市(約130人)
2 富山県 黒部市(約70人)
3 福井県 鯖江市(約60人)
4 徳島県 阿南市(約50人)
5 石川県 能美市(約40人)
6 石川県 小松市(約30人)
6 山口県 岩国市(約30人)
8 愛媛県 松山市(約30人)
9 和歌山県 海南市(約30人)
10 広島県 三原市(約20人)
小地域順位
1 三重県 志摩市 穴川(約110人)
2 富山県 黒部市 荒俣(約50人)
3 福井県 鯖江市 莇生田町(約40人)
4 大阪府 大阪市東住吉区 鷹合(約20人)
4 徳島県 阿南市 椿泊町東(約20人)
6 石川県 小松市 埴田町(約10人)
6 山口県 岩国市 立石町(約10人)
6 和歌山県 海南市 藤白(約10人)
6 広島県 安芸郡海田町 三迫(約10人)
10 広島県 広島市中区 薬研堀(約10人)
都道府県分布数図
都道府県分布数図
市区町村分布数図
市区町村分布数図
小地域分布数図
小地域分布数図

分布比率

全国 都道府県順位
人口比率0.000996% 1 石川県(0.0113%)
2 福井県(0.00956%)
3 三重県(0.00832%)
4 富山県(0.00787%)
5 徳島県(0.00749%)
6 和歌山県(0.00548%)
7 広島県(0.00332%)
8 山口県(0.00263%)
9 愛媛県(0.00221%)
10 京都府(0.0015%)
市区町村順位
1 三重県 志摩市(0.162%)
2 富山県 黒部市(0.127%)
3 福井県 鯖江市(0.0871%)
4 石川県 能美市(0.0787%)
5 広島県 安芸郡海田町(0.0633%)
6 徳島県 阿南市(0.0519%)
7 徳島県 那賀郡那賀町(0.0487%)
8 和歌山県 有田郡有田川町(0.0458%)
9 京都府 京都市東山区(0.0355%)
10 和歌山県 海南市(0.0339%)
小地域順位
1 福井県 鯖江市 莇生田町(9.57% / 約40人)
2 三重県 志摩市 穴川(6.27% / 約110人)
3 富山県 黒部市 荒俣(6.22% / 約50人)
都道府県分布比率図
都道府県分布比率図
市区町村分布比率図
市区町村分布比率図
小地域分布比率図
小地域分布比率図

【助田】姓の有名人

同姓同名ランキング

1 助田 勇 (4)
2 助田 弘 (3)
2 助田 稔 (3)
2 助田 篤郎 (3)