「修多羅」名字の由来、語源、分布

日本姓氏語源辞典

修多羅

由来と語源 分布 有名人 同姓同名 情報提供

【修多羅】名字の由来と語源

このエントリーをはてなブックマークに追加

シュタラ 【修多羅】2 日本姓氏語源辞典

静岡県三島市東京都福井県事物。サンスクリット語で「糸」を意味するスートラから出て「経典」を指す仏教用語の修多羅から。僧侶の明治新姓。寺の例。東京都品川区南品川にある天台宗の常行寺、福井県坂井市三国町北本町にある浄土真宗の法円寺。法円寺では福岡県太宰府市付近(旧:御笠郡)で1574年(天正2年)に出家した多羅尾氏の後裔と伝える。同寺の山号も多羅尾山。多羅尾タラオ参照。

「修多羅」さんの由来をご存じの方、ぜひ情報をお寄せください!

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

【修多羅】姓の分布

分布数

全国 都道府県順位
レベル2 1 静岡県(約10人)
1 栃木県(約10人)
1 東京都(約10人)
4 福井県(ごく少数)
4 愛知県(ごく少数)
4 埼玉県(ごく少数)
人口約40人
順位ランク外
市区町村順位
1 栃木県 矢板市(約10人)
1 静岡県 三島市(約10人)
3 福井県 坂井市(ごく少数)
3 東京都 葛飾区(ごく少数)
3 東京都 品川区(ごく少数)
3 埼玉県 所沢市(ごく少数)
3 愛知県 岡崎市(ごく少数)
小地域順位
1 栃木県 矢板市 玉田(約10人)
2 福井県 坂井市 北本町(ごく少数)
2 東京都 葛飾区 南水元(ごく少数)
2 静岡県 三島市 東町(ごく少数)
2 静岡県 三島市 栄町(ごく少数)
2 東京都 品川区 南品川(ごく少数)
2 愛知県 岡崎市 矢作町高縄手(ごく少数)
2 埼玉県 所沢市 北野(ごく少数)
都道府県分布数図都道府県分布数図 市区町村分布数図市区町村分布数図 小地域分布数図小地域分布数図

分布比率

全国 都道府県順位
人口比率ごく僅か 1 福井県(0.000478%)
2 栃木県(0.000444%)
3 静岡県(0.000222%)
4 東京都(ごく僅か)
5 埼玉県(ごく僅か)
6 愛知県(ごく僅か)
市区町村順位
1 栃木県 矢板市(0.0227%)
2 静岡県 三島市(0.00783%)
3 福井県 坂井市(0.00444%)
4 東京都 品川区(0.00191%)
5 埼玉県 所沢市(0.00162%)
6 東京都 葛飾区(0.00136%)
7 愛知県 岡崎市(0.0013%)
小地域順位
都道府県分布比率図都道府県分布比率図 市区町村分布比率図市区町村分布比率図 小地域分布比率図小地域分布比率図