人長の由来、語源、分布

日本姓氏語源辞典
https://play.google.com/store/apps/details?id=info.jigensha.jcedfreeGoogle Play で手に入れよう https://apps.apple.com/us/app/id1471109324
↑オフライン検索できるアプリもどうぞ
日本姓氏語源辞典 第三版
在日通名大全

日本初、在日通名の研究書「在日通名大全」発売中!
ネットの電話帳 住宅地図 マッポン!
人長

人長(ひとおさ / ひとなが / ひとさ / にんちょう)さんの由来と分布

由来と語源 分布 有名人 同姓同名 情報提供

【人長】名字の由来と語源



このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒトオサ 【人長】3 日本姓氏語源辞典

京都府愛知県三重県。ヒトナガ、ニンチョウも含む分布。京都府でヒトナガ、三重県でニンチョウが存在。創賜三重県では京都府中部・兵庫県丹波市付近(旧:丹波国)で室町時代に天皇を助けて「人の長」との意味で賜ったと伝える。天皇の名前は不詳。同地では1910年頃にヒトオサからニンチョウに発音を変更したとの伝もあり。三重県四日市市東日野町ではニンチョウ。京都府京都市右京区京北鳥居町では同地が起源地で江戸時代後期はヒトサと発音していたのではないかと伝える。

2022年 1月 14日 更新

ニンチョウ 【人長】3 日本姓氏語源辞典

人長ヒトオサ参照。

2017年 10月 15日 更新

ヒトサ 【人長】3 日本姓氏語源辞典

人長ヒトオサ参照。

2020年 10月 24日 更新

ヒトナガ 【人長】3 日本姓氏語源辞典

人長ヒトオサ参照。

2022年 1月 13日 更新

「人長」さんの由来をご存じの方、ぜひ情報をお寄せください!

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

アクセス数の推移

最大: 68 / 週
2018
2019
2020
2021
2022

【人長】名字の分布

マッポン! で分布を見る

分布数

都道府県分布数図
都道府県分布数図
市区町村分布数図
市区町村分布数図
小地域分布数図
小地域分布数図
全国 都道府県順位
レベル3 1 京都府(約100人)
2 愛知県(約20人)
3 三重県(約10人)
4 高知県(ごく少数)
4 神奈川県(ごく少数)
4 宮崎県(ごく少数)
4 奈良県(ごく少数)
4 大阪府(ごく少数)
人口約140人
順位25,487 位
市区町村順位
1 京都府 京都市左京区(約10人)
1 京都府 京都市(約10人)
3 京都府 長岡京市(約10人)
3 京都府 京都市西京区(約10人)
3 京都府 京都市中京区(約10人)
3 京都府 京都市南区(約10人)
3 三重県 四日市市(約10人)
8 京都府 綴喜郡宇治田原町(ごく少数)
8 京都府 向日市(ごく少数)
8 京都府 城陽市(ごく少数)
小地域順位
1 京都府 長岡京市 今里西ノ口(約10人)
1 京都府 京都市南区 吉祥院西ノ茶屋町(約10人)
1 京都府 京都市中京区 壬生朱雀町(約10人)

顕著に見られる市区町村

京都府 京都市

分布比率

都道府県分布比率図
都道府県分布比率図
市区町村分布比率図
市区町村分布比率図
小地域分布比率図
小地域分布比率図
全国 都道府県順位
人口比率0.000117% 1 京都府(0.00366%)
2 三重県(0.000438%)
3 高知県(0.000431%)
4 宮崎県(0.000339%)
5 奈良県(0.000297%)
6 愛知県(0.000269%)
7 神奈川県(ごく僅か)
8 大阪府(ごく僅か)
市区町村順位
1 京都府 京都市(0.141%)
2 京都府 綴喜郡宇治田原町(0.0437%)
3 京都府 久世郡久御山町(0.0265%)
4 高知県 室戸市(0.0146%)
5 奈良県 磯城郡田原本町(0.0123%)
6 京都府 長岡京市(0.0113%)
7 京都府 京都市南区(0.00948%)
8 京都府 京都市中京区(0.00894%)
9 京都府 向日市(0.00824%)
10 京都府 京都市左京区(0.00808%)
小地域順位

関連項目

ニンチョウ【人長】3, ヒトサ【人長】3, ヒトナガ【人長】3から参照。