二若の由来、語源、分布

日本姓氏語源辞典
https://play.google.com/store/apps/details?id=info.jigensha.jcedfreeGoogle Play で手に入れよう https://apps.apple.com/us/app/id1471109324
↑オフライン検索できるアプリもどうぞ
二若

二若さんの由来と分布

由来と語源 分布 有名人 同姓同名 情報提供

【二若】名字の由来と語源

このエントリーをはてなブックマークに追加

フタワカ 【二若】3 日本姓氏語源辞典

岡山県真庭市創賜島根県安来市広瀬町富田にあった月山富田城が1566年(永禄9年)に落城した際に尼子氏の家臣が二人の男児を連れて岡山県真庭市蒜山下福田の小字の上井川で隠遁しており、周囲が通称として呼んでいた二若からと伝える。「二人の若者」の意。東京都羽村市羽中では岡山県真庭市の出で戦国時代・安土桃山時代の武将である山中幸盛と関係があったと伝える。山中ヤマナカ参照。

2019年 5月 7日 更新

「二若」さんの由来をご存じの方、ぜひ情報をお寄せください!

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

【二若】名字の分布

分布数

都道府県分布数図
都道府県分布数図
市区町村分布数図
市区町村分布数図
小地域分布数図
小地域分布数図
全国 都道府県順位
レベル3 1 岡山県(約70人)
2 東京都(約10人)
2 大阪府(約10人)
4 兵庫県(ごく少数)
人口約100人
順位30,947 位
市区町村順位
1 岡山県 真庭市(約70人)
2 東京都 羽村市(約10人)
3 岡山県 津山市(ごく少数)
3 大阪府 大阪市平野区(ごく少数)
3 大阪府 東大阪市(ごく少数)
3 大阪府 摂津市(ごく少数)
3 兵庫県 伊丹市(ごく少数)
小地域順位
1 岡山県 真庭市 下福田(約70人)
2 東京都 羽村市 羽中(約10人)

顕著に見られる市区町村

岡山県 真庭市

分布比率

都道府県分布比率図
都道府県分布比率図
市区町村分布比率図
市区町村分布比率図
小地域分布比率図
小地域分布比率図
全国 都道府県順位
人口比率ごく僅か 1 岡山県(0.00325%)
2 大阪府(0.000173%)
3 東京都(0.000149%)
4 兵庫県(ごく僅か)
市区町村順位
1 岡山県 真庭市(0.0883%)
2 東京都 羽村市(0.0284%)
3 大阪府 摂津市(0.00619%)
4 岡山県 津山市(0.00345%)
5 大阪府 大阪市平野区(0.00273%)
6 兵庫県 伊丹市(0.00263%)
7 大阪府 東大阪市(0.000934%)
小地域順位
1 岡山県 真庭市 下福田(9.26% / 約70人)