人名力・別館

 ― 名字の由来、語源、分布 ― 

亀山

【亀山】姓の分布

分布数

全国 都道府県順位
レベル6 1 岐阜県(約3,200人)
2 栃木県(約2,800人)
3 東京都(約2,600人)
4 宮城県(約2,000人)
5 神奈川県(約2,000人)
人口約35,100人
順位553 位
市区町村順位
1 栃木県 佐野市(約1,500人)
2 宮城県 石巻市(約1,200人)
3 岐阜県 関市(約1,000人)
4 岡山県 倉敷市(約900人)
5 岐阜県 岐阜市(約900人)
小地域順位
1 岐阜県 関市 小屋名(約600人)
2 岐阜県 岐阜市 芥見(約300人)
3 静岡県 焼津市 五ケ堀之内(約200人)
4 岐阜県 加茂郡七宗町 神渕(約200人)
5 香川県 仲多度郡多度津町 山階(約140人)
都道府県分布数図 市区町村分布数図 小地域分布数図

分布比率

全国 都道府県順位
人口比率0.0286% 1 栃木県(0.14%)
2 岐阜県(0.138%)
3 香川県(0.123%)
4 宮城県(0.0959%)
5 岡山県(0.0921%)
市区町村順位
1 岐阜県 加茂郡七宗町(2.42%)
2 愛知県 北設楽郡豊根村(1.16%)
3 栃木県 佐野市(1.11%)
4 岐阜県 関市(0.96%)
5 香川県 仲多度郡多度津町(0.95%)
小地域順位
1 宮城県 石巻市 桃浦町蛤浜(100% / 約30人)
2 秋田県 北秋田市 栄田沢(88.2% / 約70人)
3 宮城県 東松島市 西福田舞台塚(72.7% / 約30人)
4 宮城県 石巻市 渡波千刈田(66.7% / 約30人)
5 宮城県 石巻市 水沼町亀山畑(41.2% / 約30人)
都道府県分布比率図 市区町村分布比率図 小地域分布比率図

日本姓氏語源辞典

カメヤマ 【亀山】6

岐阜県栃木県東京都

三重県亀山市発祥。室町時代から記録のある地名。宮城県石巻市水沼亀山畑は経由地。同地では三重県亀山市から江戸時代に来住したと伝える。栃木県矢板市長井では草分けと伝える。

②京都府亀岡(旧:亀山)市発祥。戦国時代から記録のある地名。静岡県静岡市駿河区西島での伝承。

事物岡山県岡山市東区沼に戦国時代にあった亀山城から。岡山県総社市総社での伝承。

兵庫県姫路市飾磨区亀山発祥。江戸時代から記録のある地名。同地に分布あり。

善隣愛媛県大洲市柚木の小字の亀山から発祥。

地形。亀に「山」を追加。東京都八王子市で1949年に亀姓から改姓した事例があった。鹿児島県の奄美群島の一字姓である亀に「山」を追加。カメ参照。

広島県府中市中須町の亀寿山から発祥。亀寿山の「亀」、「山」を使用。同地にある浄土真宗の西法寺の僧侶による明治新姓。同寺の山号も亀寿山。

事物島根県浜田市生湯町にある高野山真言宗の多陀寺の僧侶による明治新姓。同寺の山号の亀甲山(キッコウサン)から「亀」、「山」を使用。

事物岩手県花巻市大迫町亀ケ森にある浄土真宗の浄円寺の僧侶による明治新姓。同寺の山号の亀通山(キツウザン)から「亀」、「山」を使用。