両羽の由来、語源、分布

日本姓氏語源辞典
https://play.google.com/store/apps/details?id=info.jigensha.jcedfreeGoogle Play で手に入れよう https://apps.apple.com/us/app/id1471109324
↑オフライン検索できるアプリもどうぞ
書籍 日本姓氏語源辞典 第三版 発売中! ご購入はこちらから
両羽

両羽(りょうば / りょうは)さんの由来と分布

由来と語源 分布 有名人 同姓同名 情報提供

【両羽】名字の由来と語源



このエントリーをはてなブックマークに追加

リョウハ 【両羽】3 日本姓氏語源辞典

福岡県北九州市小倉北区。推定では二つの羽から。福岡県北九州市小倉北区藍島が本拠。同地では山口県長門市油谷向津具下大浦東・大浦西から江戸時代に来住した海士の後裔と伝える。

2019年 3月 4日 更新

リョウバ 【両羽】3 日本姓氏語源辞典

両羽リョウハ参照。

2020年 12月 7日 更新

もしかして

リョウバ 【猟場】2

「両羽」さんの由来をご存じの方、ぜひ情報をお寄せください!

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

【両羽】名字の分布

分布数

都道府県分布数図
都道府県分布数図
市区町村分布数図
市区町村分布数図
小地域分布数図
小地域分布数図
全国 都道府県順位
レベル3 1 福岡県(約100人)
2 東京都(約20人)
3 茨城県(約10人)
3 山口県(約10人)
5 大阪府(ごく少数)
5 千葉県(ごく少数)
人口約150人
順位25,085 位
市区町村順位
1 福岡県 北九州市小倉北区(約70人)
2 福岡県 北九州市八幡西区(約10人)
3 福岡県 北九州市戸畑区(約10人)
3 茨城県 筑西市(約10人)
5 福岡県 北九州市門司区(ごく少数)
5 福岡県 福岡市南区(ごく少数)
5 山口県 下関市(ごく少数)
5 山口県 宇部市(ごく少数)
5 東京都 葛飾区(ごく少数)
5 東京都 国立市(ごく少数)
小地域順位
1 福岡県 北九州市小倉北区 藍島(約50人)
2 茨城県 筑西市 関本中(約10人)
2 福岡県 北九州市小倉北区 魚町(約10人)

分布比率

都道府県分布比率図
都道府県分布比率図
市区町村分布比率図
市区町村分布比率図
小地域分布比率図
小地域分布比率図
全国 都道府県順位
人口比率0.000121% 1 福岡県(0.00237%)
2 山口県(0.000478%)
3 茨城県(0.000285%)
4 東京都(0.000199%)
5 千葉県(ごく僅か)
6 大阪府(ごく僅か)
市区町村順位
1 福岡県 北九州市小倉北区(0.0473%)
2 福岡県 北九州市戸畑区(0.0138%)
3 東京都 国立市(0.00781%)
4 茨城県 筑西市(0.00716%)
5 福岡県 北九州市八幡西区(0.00537%)
6 千葉県 浦安市(0.00501%)
7 福岡県 北九州市門司区(0.00347%)
8 福岡県 福岡市南区(0.00269%)
9 東京都 府中市(0.00262%)
10 東京都 新宿区(0.00234%)
小地域順位
1 福岡県 北九州市小倉北区 藍島(12.6% / 約50人)

関連項目

リョウバ【両羽】3から参照。