楊山の由来、語源、分布

日本姓氏語源辞典

楊山

由来と語源 分布 有名人 同姓同名 情報提供

【楊山】名字の由来と語源

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヨウヤマ 【楊山】2 日本姓氏語源辞典

茨城県小美玉市京都府

コリア系。大韓民国慶尚北道慶州市の閼川楊山村(アルチョンヤンサンチョン)から発祥。新羅の建国神話で同地が本貫である慶州李氏の始祖の李謁平(イ・アルピョン)が閼川楊山村を築いたという伝承から。茨城県小美玉市(旧:東茨城郡小川町)で1997年に通名にあった。本姓は李。参照。

コリア系。大韓民国慶尚北道慶州市の楊山(ヤンサン)から発祥。新羅の建国神話で新羅王の朴赫居世(パク・ヒョッコセ)が楊山に降臨したという伝承から。山口県山陽小野田市(旧:小野田市)で1980年5月8日に帰化の記録あり。本姓は朴。ボク参照。

もしかして

ヨウヤマ 【陽山】3 , ヨウヤマ 【揚山】2

「楊山」さんの由来をご存じの方、ぜひ情報をお寄せください!

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

【楊山】姓の分布

分布数

全国 都道府県順位
レベル2 1 茨城県(約20人)
2 京都府(約10人)
人口約30人
順位ランク外
市区町村順位
1 茨城県 小美玉市(約10人)
2 京都府 宇治市(約10人)
3 茨城県 筑西市(ごく少数)
小地域順位
1 茨城県 小美玉市 小川(約10人)
都道府県分布数図
都道府県分布数図
市区町村分布数図
市区町村分布数図
小地域分布数図
小地域分布数図

分布比率

全国 都道府県順位
人口比率ごく僅か 1 茨城県(0.00057%)
2 京都府(0.000333%)
市区町村順位
1 茨城県 小美玉市(0.0241%)
2 京都府 宇治市(0.00471%)
3 茨城県 筑西市(0.00358%)
小地域順位
都道府県分布比率図
都道府県分布比率図
市区町村分布比率図
市区町村分布比率図
小地域分布比率図
小地域分布比率図